100年企業の仕事術 の記事一覧

人柄がいい人を辞める

居酒屋のトイレで「あいだみつお」さんの一言みて

酔っぱらいながら、うなずいてたりすることありますよね

「人間だもの~」なんていいながら

今日も飲みすぎちゃう感じ(笑)

うちの会社のトイレにも

日めくりのカレンダーがおいてあって

(掃除の神さまの、「鍵山さん」のものです)

その一言にすごく大事なコメントが書いてあったので

ご紹介します

この日の一言は

「能力より人柄」

能力あるひとより、人柄がいいひとの方がいいみたいな

内容でした

普段ならそーだよねーって流してるとこですが

今日は違うアンテナにひっかかりました

自己啓発とか、いろんなセミナーに参加すると

人間性がよければ何とかなる!!みたいな

話になりがちですが

実際どうでしょう

ある程度ビジネスが軌道にのってきた人は

人間性を高める必要があるのですが

スタートアップの状態の人が

取り組まないといけないのは

「稼ぐ能力を最大にすること」

これにつきます

「稼ぐ」が「仕事を処理する」と読み替えても

いいですが

とにかく、仕事をガンガンするために

それ以外をすべて排除する!!

人柄なんて全く気にしないひとの方が

ビジネスうまくいってる感じです

たしかに名言は正しい!!

でも、ステージによって

害になることもあると思って

見てた方がいいですね

スタッフに期待することをやめる

昨日、最近知り合いになった

保険代理店の社長さんと

情報交換会という飲み会でした

お肉好きな社長さんのリクエストで

美味しいしゃぶしゃぶをいただきながら

最近の関心ごとなどを情報交換

お酒も入ってお互いの経営の悩み相談になると

一番の悩みは

「スタッフ教育がうまくいかないこと」

だと判明

その社長さんは社員さん思いなので

なんとか育ててあげたいという思いがビンビン伝わって

わたしより若くて熱い気持ちを感じて

ちょっと感動しました(笑)

ただ、私個人の経営を

ふりかえってみると

何人もスタッフを教育してきましたが

教育に費やす時間や労力と

成果は比例してないですね

何年も教育をしていて

なんども期待を裏切られて

学んだのは

「スタッフに期待しないのがベスト」

これは後ろ向きな考えではなくて

そうしないと

いくら力のある経営者でも

メンタルがやられてしまうということです

期待しないでいることで

逆に、なにかスタッフがうまくいったときに

心から「感謝」や「喜び」を感じることができます

期待しすぎると

成果が出てきても

「不満」に思ったり

「出来ていないこと」に目が行ってしまう

それならいっそ期待しない方が

メリットばっかりだったりします

ただ、このネタをみんなの前で言うと

・冷たい…
・人を道具のように思ってる…
・経営者はスタッフのことを思わないといけない…

とか、色々めんどくさいコメントが来ますので

スタッフには内緒で試してみて下さい(笑)


経営者に伝える「スタッフ教育のポイント」

スタッフの教育を望む気持ちはもっても、過度な期待はしない

たった30分で1日分の仕事をこなす方法とは?

30分を意識する

昼間ほどんど遊んでても、結果は出せる

経営者の方であればどこかで

「パレートの法則」について聞いたことがあると思います


・「にっぱち」

・「20:80」

・「数名で会社全体の売上があがる」

これはすべてパレードの法則による引用です


「パレードの法則」
全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論です。
簡単に言うと世の中にはばらつきや偏りという不均衡があるというものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

あなたの努力の20%で、結果の80%を決まってしまうということ


「たった30分」が、あなたの一日の成果を決めるなら

今すぐ、「キーとなる30分」に集中しましょう