8、ノートで夢をかなえる

12月に入って来年の目標をたてている方も
多いのではないでしょうか
 
売上0から二年で日本ナンバーワンになるなど
セールス実績があるので
 
目標達成のセミナーを依頼されることが
よくあります
 
その中で
ノートで夢をかなえる3つのポイントをお話しするのですが
簡単にお伝えします
 
1、夢を描くノートを準備する
 
夢を記入するものは白紙でも
ルーズリーフでノートでもなんでもいいですが
 
「夢を描くノート」をまとめる場所を
準備することがまず必要です
せっかく時間をとって夢を描いたのに
夢を確認するために探す時間をかけるのは
もったいないと思ってください
 
2、すぐにみることが出来る状態にする
 
人は忘れやすい生き物です
最初の目標からを忘れてしまったり
また目標設定の時間をかけてしまったり
目標立てるのが目的ではなく
目標に向かって行動することが重要です
そのために、
「夢ノート」はすぐ見える状態にすることが
重要です
 
3、夢は単語ではなく文章で書く
 
目標設定セミナーの受講者さんで多いのが
夢が「旅行」「買い物」「成功」など
単語で書く人が多いです
 
最初の洗い出しは単語でもいいのですが
単語の夢は、具体性に欠け
ただの夢になってしまいます
 
夢は、「誰が」「何を」「どのように」
 
A 「海外旅行」
B シルバーウイークに夫婦で
  JALのビジネスクラスで
  ヨーロッパに1週間の旅行に行く
 
自分が実際に経験したことを感じることができるような
ストーリーを夢に持たせてあげましょう
 
このほかにも
ポイントはいくつもありますが
 
まずは3つのポイントで
今の「夢ノート」の内容を確かめてみて下さい

6、植物の強さ

北海道はどんどん寒くなってきて
露天風呂に入っていたら
雪が降ってきました
 
静かに降る雪を眺めながらの温泉は
北海道ならではの贅沢だな
なんて考えていたのですが
 
ふと
気づいたことがあります
温泉の横には
小さな木が植えてあったのですが
雪が木の枝にうっすらと積もっていくのを見て
植物はなんて強いんだろうと
 
植物は人間と違って動き回ることができません
当然天候が悪いからと家の中に入ることなんて
考えることもできないでしょう
 
今日のような雪の日もあれば
小雨や台風のような大雨の日もあり
晴れても、真夏の直射日光に耐える日も
何日もあるでしょう
 
それを
ただ、ただ、受け入れる
 
「強さ」
「しなやかさ」
「たくましさ」
 
小さな木に積もる雪を見て
その木の一年間が走馬灯のように
体感してしまいました
 
人間が感じる
つらさなんて
植物の苦労に比べたら
何のことは無い
 
植物を見るたびに
強さをもらうことが
出来る様になってみてはいかがでしょうか

5、さっさと「あきらめる」

仕事をしていると
何度もいやなことがあったり
困難にぶち当たったりすることがあると思います
 
そのたびに
自分の不幸を呪ったり
恵まれた環境の人をうらやんだり
 
人生は、なんて不公平だって悔しくおもいませんか?
 
私もそうでした
 
ただ
その後の結果をみると
2つの選択肢があることに気づきました
 
1、愚痴を言い、周りに不幸を認めてもらって自分を慰める人
2、現状をそのまま認識して、出来ることをやるしかないと
  「あきらめる」ことが出来る人
 
あなたはどちらでしょう?
 
なんとなく、2番がいいと思いますが
さらに深い理由があります
 
それは、「あきらめる」という言葉には、
2つの漢字があるということです
 
【諦める】とても見込みがない、しかたがないと思い切る。
     断念する。
 
【明らめる】 事情・理由をはっきり見定める。
 
「あきらめて」、仕方がないと悩む思いを断ち切り。悩むのを止めて
「あきらめる」なぜそうなったか、出来ることはないか。現状を見定める
 
なんども起こる
自分がコントロールできないことに対して
さっさと「あきらめて」みましょう!!
 
 

7、今しか見ない

最近瞑想にはまっています!!
 
きっかけは、ストレスに耐えられなくなったから(笑)
 
周りからは
ストレスなさそうとか
うまくやっているみたいに言われることが
多いので
 
ストレスマネージメントは上手いほうなのですが
 
仕事でのストレスを
少なくするのに奮闘していたのですが
小さなストレスが日々たまっていて
とってもしんどくなってました
 
なんとかしたくて
 
お風呂に入ったり
ストレッチしたり
運動したり色々してみました
 
ただ
 
なんとなくしっくりしなくて
「マインドフルネス」の本を読んだり
いろんな方のアドバイスを聞いてるうちに
 
なんか瞑想がいいらしいと(笑)
 
実際続けてわかることは
 
瞑想はとてもシンプル
ポイントは3つしかなくて
 
1、正しい姿勢で
2、大きく息をすって
3、吸った時間の倍の時間で息を吐く
 
これだけなんです
 
そこで何をしているというと
 
ただただ呼吸に集中するということ
 
ストレスの原因は過去の失敗だったり
現在に対する不満
未来に対する不安
 
に大別されます
瞑想でわかることは
 
過去はもうない
未来はまだない
 
ただ一回の呼吸をするしか
人間は出来ないということです
 
よく
「足元を大切にする」とか
「目の前の仕事に集中する」とか
お説教のように聞いていましたが
 
瞑想をするようになって
今の呼吸に集中することによって
 
「足元だけを見て」
「目の前の仕事だけする」
 
これがストレスをコントロールする
すべての基本だと気づけます
 
最近は
youtubeで5分程度の瞑想動画がたくさんあって
「瞑想 寝る前」で検索するとすぐ見つけられます
寝る前、よこになったままでもできるので
一度覗いてみてはいかがでしょうか

4、ワクワクする計画は危険

12月に入って来年の事業計画を
選定しています
 
いろんな会社の
事業計画に携わってきて
 
目標設定するときに、
いくつかのパターンが
あることが分かりました
 
1、熱烈猛烈社長
 
根拠はいらない!
10年後の目標にむかってガンガン行こう!!
 
2、ネガティブ社長
 
部門、得意先、市場、商品のことを
考えるととても夢見る目標は立てれないよ…
 
3、石橋をたたいて渡る社長
 
顧客の数や、単価、リピート率
市場の状況に合わせた目標をたてないと
絵にかいたモチになる
確実に達成できる目標を立てよう
 
大きく分けると3パターンに分けれます
 
あなたはどのタイプでしたか?
 
実はどのタイプでも正解で
 
一つのタイプだけでは失敗します
 
なぜなら
 
1、夢だけタイプ
 
成功した大企業のサクセスストーリーに
よくあるタイプですが
根拠がないので
 
☆社長が燃えて
☆社員が冷める
 
典型パターンです
 
2、夢がないタイプ
 
最低賃金が上るのが、決まっていて
人口が減っている社会では
固定費の上昇があり、
粗利の縮小圧力が働くので
 
☆売上や粗利を高める活動が必須になります
 
そもそも
資本主義では
成長することが求められていて
現状維持が認められません
 
☆社長も暗いし
☆社員も暗くなります
 
3、着実に積み上げていくタイプ
 
☆大勝ちはしないが
☆負け幅も小さい
 
目標に対しての
意識が一番高いタイプになります
 
これだけみると
3番が良さそうですが
 
実は3つのタイプを組み合わせるのが
正解です
 
どうやって使い分けるかというと
 
1、経営者や役員クラスで長期の目標設定するとき
2、資金繰りや、借入など会計に関する目標を設定するとき
3、スタッフを交えての行動目標を含めて設定をするとき
 
自分がどの場面で目標をたてているか
どの考え方で目標をたてるべきか
考えながら作業してみましょう

3、新しいことをしない仕事術

12月になって
来年の計画を立てている時期になりました
 
新しい事業を立ち上げたり
今の仕事を改良したりしたいとき
 
なんか資格を取ったり、
勉強しなおしたりすることないですか?
 
でも
 
新しいこと始める前にやるべきことがあります
 
それは
 
「昔取り組んでいたのに
なんとなく忘れていることがないか
チェックする」
 
過去勉強したことで忘れてしまっていることがないか
確認することで
 
もうその課題に関して考えていたとか
解決策までわかっていたことに気づいたりします(笑)
 
 
「今日のワーク」
 
いままで取り組んできたことを再確認してみて下さい
 
 
今日の目的
 
□大幅に時間短縮をすることが出来たり
□コストをかけずに新しいことを完成出来たり
□成功率を高めることができます
 
ポイント
1、0から始めるほどリスクが高い!!
2、新しいことを始めると時間がかかる
3、すでに解決策を見つけていることを見つける
 
 
新しいことのチャレンジに取り組む前に
自分の財産の棚卸にチャレンジしましょう

2:コロナで仕事効率が2倍に

先日、忘年会が0回になった話をしましたが
 
もう一つよかったことに気づきました
 
何かというと
 
「飲み会は当日と次の日にも影響があるということ」
 
まず当日の時間的な制約が大きい
1次会で帰れる鉄の心をもったひとならいいのですが
私の場合お酒を飲んでしまうと楽しくなってしまうので
 
ついつい2次会、3次会と長く飲んでしまうタイプです
 
2時間の予定が4時間、6時間とどんどん楽しくなって
最後は記憶もなしてしまうことがたくさんありました汗汗
 
これが強制的に0になる!!
 
最近はZOOm飲み会も開催されてますが
自宅の場合家族の視線もあり
そんなに長くできないですよね
 
さらに
お酒をすこしたしなむひとなら問題ないのですが
飲むと次の日の午前中のパフォーマンスが極端に悪くなってしまいます
 
ひどいときは午後までお酒が残っているときも・・・
 
忘年会の回数と同じく
次の日のパフォーマンスが落ちると考えると
15回/月飲みにいくと
12月は1カ月まるまるパフォーマンスが落ちてる状態になっていました
 
通常じゃない
状態だからこそ
なんとなくしていたことで
生産性を落としていたことに
気づけるのではないでしょうか

1:コロナだからできる仕事術

こんにちは
川原です
 
コロナの影響で
12月の忘年会の予定が
まったくなくなりました(笑)
 
通常だと多い年で15回
少なくても10回ほど
忘年会があるのが当たり前でしたが
 
今年は見事に0回になりました!!
 
スケジュールを見ると…
 
定例の会議以外の予定がない
出張の予定もない
 
ということで
 
まるで新入社員のようなスケジュールを眺めながら
改めて感じることがありました
 
「なんでもできる!!」
 
確かにリアルでの面会や
移動など制約はありますが
 
能力もなく
人脈もなく
お金もなかった
新入社員のときと比べたら
 
☆人生で「最高の能力」をもっていて
☆SNSやインターネット、電話で繋がれる
 「人生最大の人脈」があり
☆不要な出費がないから、必要なものに投資ができる
☆しかも時間がある!!
 
こんなタイミングって
人生でそうそうないですよね
 
1月を最高の状態でスタートするための
最高の準備に月にしていきましょう

人柄がいい人を辞める

居酒屋のトイレで「あいだみつお」さんの一言みて

酔っぱらいながら、うなずいてたりすることありますよね

「人間だもの~」なんていいながら

今日も飲みすぎちゃう感じ(笑)

うちの会社のトイレにも

日めくりのカレンダーがおいてあって

(掃除の神さまの、「鍵山さん」のものです)

その一言にすごく大事なコメントが書いてあったので

ご紹介します

この日の一言は

「能力より人柄」

能力あるひとより、人柄がいいひとの方がいいみたいな

内容でした

普段ならそーだよねーって流してるとこですが

今日は違うアンテナにひっかかりました

自己啓発とか、いろんなセミナーに参加すると

人間性がよければ何とかなる!!みたいな

話になりがちですが

実際どうでしょう

ある程度ビジネスが軌道にのってきた人は

人間性を高める必要があるのですが

スタートアップの状態の人が

取り組まないといけないのは

「稼ぐ能力を最大にすること」

これにつきます

「稼ぐ」が「仕事を処理する」と読み替えても

いいですが

とにかく、仕事をガンガンするために

それ以外をすべて排除する!!

人柄なんて全く気にしないひとの方が

ビジネスうまくいってる感じです

たしかに名言は正しい!!

でも、ステージによって

害になることもあると思って

見てた方がいいですね

スタッフに期待することをやめる

昨日、最近知り合いになった

保険代理店の社長さんと

情報交換会という飲み会でした

お肉好きな社長さんのリクエストで

美味しいしゃぶしゃぶをいただきながら

最近の関心ごとなどを情報交換

お酒も入ってお互いの経営の悩み相談になると

一番の悩みは

「スタッフ教育がうまくいかないこと」

だと判明

その社長さんは社員さん思いなので

なんとか育ててあげたいという思いがビンビン伝わって

わたしより若くて熱い気持ちを感じて

ちょっと感動しました(笑)

ただ、私個人の経営を

ふりかえってみると

何人もスタッフを教育してきましたが

教育に費やす時間や労力と

成果は比例してないですね

何年も教育をしていて

なんども期待を裏切られて

学んだのは

「スタッフに期待しないのがベスト」

これは後ろ向きな考えではなくて

そうしないと

いくら力のある経営者でも

メンタルがやられてしまうということです

期待しないでいることで

逆に、なにかスタッフがうまくいったときに

心から「感謝」や「喜び」を感じることができます

期待しすぎると

成果が出てきても

「不満」に思ったり

「出来ていないこと」に目が行ってしまう

それならいっそ期待しない方が

メリットばっかりだったりします

ただ、このネタをみんなの前で言うと

・冷たい…
・人を道具のように思ってる…
・経営者はスタッフのことを思わないといけない…

とか、色々めんどくさいコメントが来ますので

スタッフには内緒で試してみて下さい(笑)


経営者に伝える「スタッフ教育のポイント」

スタッフの教育を望む気持ちはもっても、過度な期待はしない