14、夢をタスク化する

川原です
 
今年の目標の進捗はいかがですか?
 
できたことがあったり
できなかったことがあったり
振り返るといろんな思いが出てくるとおもいます
 
そんな感想の中で
目標設定しているのに
全然目的に近づいていない
項目はないでしょうか?
 
たとえば
ダイエット
 
目標体重は書いてあるのに
全然減らない(笑)
 
運動も食事制限もするのに
続かなくて
頑張れば頑張るほど
リバウンドする
 
なぜでしょうか?
 
その原因は
目標と現状の間のステップがつながっていないからです
 
どういうことかというと
食事も運動も
継続的に続ける必要があるのに
「1回の食事」や「1回の運動」で
やせようとする計画になっているからです
 
確かに「食事」や「運動」は必要ですが
毎週や毎日
少しづつ取り組まないといけません
 
だから
目標達成するための
日々のタスクは
「体重を測る」になります
 
みなさんの目標設定のなかで
ゴールへの道がとぎれとぎれに
なっているものは
ないでしょうか
 
あらためて
今年立てた目標を見直してみましょう
 

13、自分の価値を高める

こんにちは
川原です
 
仕事をしているときに
いかに生産性を高めるか?という課題に日々取り組んでいます
 
その時に必ず思い出すエピソードがあります
 
20代の時に担当していた
小児科の先生から
こんなことを言われました
 
先生 「川原くんは車の洗車自分でやってるの?」
川原 「え?もったいないから自分でやってますが」
先生 「だから君は成功できないんだよ!!」
 
洗車の話から
人生の成功論になって
その時は理解不能になりましたが
 
先生のお話を聞いて
その後の人生が激変しました
 
先生 「スタンドで洗車してもらうといくらくらい?」
川原 「機械でやってもらうと500円位でやってくれるところありますね」
先生 「自分でやると1時間くらい?」
川原 「準備とかやると、それくらいですね」
先生 「じゃあ、川原くんの時給は500円だね」
川原 「あっそういうことですか!!」
先生 「そうそう、最低賃金の仕事を自分がやっていたら
     年収の上限を自分でさげているんだよ
     できれば、その時間で勉強したりして
    自分の価値を高めることをしたらいい」
川原 「すごく勉強になりました!
    自分の時間を高める活動に集中して取り組みます!」
 
これを教えてくれた先生は、
日々の診療で忙しいなか
患者さんのための勉強を続ける
尊敬する先生でした
 
20代の私より、よっぽど時間がないはずなのに
どんどん知識を高めて
患者さんの満足度がほかの病院より
すごく高い病院になってました
 
日々の行動をなんとなくするということではなく
価値を高めるという目的をもってするということに
20代で気づかせてもらったのは
20年以上前の話ですが
いまだに感謝しています
 
みなさんの日々の活動で
時給単価が低い仕事を
なんとなくしていないか
振り返ってみてはいかがでしょう
 
 

12、石の上にも3年に騙されるな!!

こんにちは
川原です
 
2024年に
新しい1万円の顔になる、
渋沢栄一さんをご存じですか?
 
あるセミナーの講演会の懇親会で
ご縁をいただいて、
渋沢栄一さんの玄孫の「渋澤 健さん」のお隣になりました
 
お仕事や、事業に関するお話をきけて
すごく勉強になっただけでなく
 
「渋沢栄一の100の訓言」という本を書かれていて
懇親会のプレゼント企画で
本を直接本人からいただくことができました
 
その本の中に
有名な格言が書いてあるのですが
 
一人ひとりに天の使命があり、
その天命を楽しんで生きることが、
処世上の第一要件である   渋沢栄一
 
その解説がすごく響いたのです
 
それは、
 
いまの仕事が天命とは限らない
石の上にも3年に騙されるな!!
 
日本的にいやな仕事でも3年は我慢するのが
美徳と思われていますが
 
成功されている方とお話しをすると
みなさん、苦手なことはやらないと同じことをいいます
 
実際
自分がうまくいった仕事を振りかえってみると
大成功して自分が満足したものは
すべて、やりたいことをやるだけやった時しかない
ことに気づきました
 
サラリーマン教育的には
石の上にも3年という表現は正しいのですが
 
経営者やビジネスの視点で考えると
個人の長所を最大限に発揮することが
一番の成功の方法です
 
耳障りのいい
格言に騙されずに
 
最高の選択をしていきましょう!

11、「一度」に「一つ」

川原です
 
若い時から
仕事術を勉強するのが好きで
 
20代で100冊以上仕事術の本を読んでは
スキルの改良に取り組んできました
 
20年以上やった結果
 
段取りもよくなり
たしかに仕事の完成速度も速くなり
シンプルに内容をまとめることもできるようになりました
 
速度を早くするために
 
歯を磨きならがシャワーを浴びて、
スクワットも同時にやってみたり
 
食事中にメールのチェックや
 
テレビで情報収集しながら書類を作る
 
出来るだけ短時間で
大量の行動に取り組むことに
ストイックに取り組んだ
時期もありました
 
40代になって気づいたことは
あるとき、気力が尽きるようになるということです
 
そう
仕事術の本質は
「マルチタスクはよくない」ということ
 
ポジションが上がったり
仕事の規模が大きくなったり
成長にともなって
色々チャレンジすることが
とても大事です
 
自分の壁を乗り越えるために
負荷をかけることはある時期必要です
 
ただ
レッドブル飲んで
睡眠時間を削って
自分を犠牲にするやり方は
ある時破綻してしまうのです
 
解決策としては
 
スキルが上がったタイミングで
 
マルチタスクから
シングルタスクに換えていく
 
ビジネスのスタートは
混沌としていて
ゴールやビジョンが見えないことが
ほとんどです
 
ただ
何度か山を越えたのを
感じたあとは
ビジネスをシンプルにすることを
目指しましょう
 
そのために
同時進行をやめて
一つのことに集中して取り組んでみては
いかがでしょうか

10、不自由が成長につながる

・現状に不満があったり
・新規でビジネスを始めるとき
・結果が思わしくないときに
 
もっと〇〇だったらな~と
考えたりしてませんか?
 
私もよく考えていました(笑)
 
12月に入って来年度の計画を立てるにあたり
年初の目標を再確認したり
過去の推移と比較してみたりしたときに
 
気づいたことがあります
 
「〇〇じゃなかったから、成長できたんだな!」
 
もっとお金があって、人脈があって、設備が整ってて
商品が最高だったら
 
たしかにもっと違う結果になっていたかもしれません
ただ
こう思ったんです
 
1、不自由だった中で、ここまでうまくできた
2、不自由だった分、同じ成果でも自分をほめてあげたい
3、不自由だから、成長できた
 
悩んでも、うらやんでも
現状は何も変わりません
 
そんな時間をすてて
自分の成長のための行動を
一つでもすることのほうが「よっぽどまし」です
 
いま
この瞬間から
一歩だけでも
歩いて行きましょう
 
 
 
 
 

9、毎日を幸せにする

ずーと頑張って成果も出てるのに
いつまでも満たされないことないですか?
 
実は、私も昨年の夏ごろ
いつまで頑張り続けなきゃいけないんだろうと
気分が落ちて
毎日、人生お先まっくらに感じていました(;^_^A
 
悩みから逃れたくて
部屋の片づけをしていたときに
 
以前
「習慣が9割」の吉井雅之さんの
セミナーで学んだ10の習慣を
見つけて
 
まっくら人生から
脱出することが出来ました(笑)
 
どんな10習慣かというと
 
「毎日が最幸になっていっちゃう習慣」
 
1.時間を管理する 
2.身の回りを整える
3.一日一回、何かに深く感謝する
4.週に一回でも十分!楽しいと思える運動をする
5.好きなことをして、マイナスな感情と上手に付き合う
6.家族や友達を大切にし、彼らとの時間を確保する
7.小さな目標を設定し、達成感をえやすい状況を作る
8.将来のことを考えながらも「今、この瞬間」に集中する
9.毎朝その日のイメージトレーニングをする
10.睡眠時間はたっぷりとる
 
です
 
この中で
私の気持ちが変わる
きっかけになった習慣は
 
7、小さな目標を設定する
 
です
 
バリバリ仕事していたり
大きなチームを抱えて仕事をしたり
たいていの仕事で成果をだすことが出来たり
していると
 
なんとなく
 
「大きな成果が出ないと満足できない」
癖がついてきます
 
頑張ったり
成果を出したり
チームで作り上げたり
 
それは素晴らしいことなんですが
 
デメリットがあって
喜びのハードルがどんどん高くなって
しまいます
 
大きな成果がでないと
満足できないようになると
どんどん幸せになりづらくなってしまう
 
私は気づかないうちに
不幸スパイラルに入っていたんです
 
吉井さんのセミナーを受けたのは
ずいぶん前なんですが
過去に勉強していたことが
無駄じゃないとわかって
 
すごく幸せになりました
 
小さな目標設定をすることが
なんとなく負けてるように感じる人
ほど
 
日々の小さな成果を
自分で認めてあげることが
必要ですね

8、ノートで夢をかなえる

12月に入って来年の目標をたてている方も
多いのではないでしょうか
 
売上0から二年で日本ナンバーワンになるなど
セールス実績があるので
 
目標達成のセミナーを依頼されることが
よくあります
 
その中で
ノートで夢をかなえる3つのポイントをお話しするのですが
簡単にお伝えします
 
1、夢を描くノートを準備する
 
夢を記入するものは白紙でも
ルーズリーフでノートでもなんでもいいですが
 
「夢を描くノート」をまとめる場所を
準備することがまず必要です
せっかく時間をとって夢を描いたのに
夢を確認するために探す時間をかけるのは
もったいないと思ってください
 
2、すぐにみることが出来る状態にする
 
人は忘れやすい生き物です
最初の目標からを忘れてしまったり
また目標設定の時間をかけてしまったり
目標立てるのが目的ではなく
目標に向かって行動することが重要です
そのために、
「夢ノート」はすぐ見える状態にすることが
重要です
 
3、夢は単語ではなく文章で書く
 
目標設定セミナーの受講者さんで多いのが
夢が「旅行」「買い物」「成功」など
単語で書く人が多いです
 
最初の洗い出しは単語でもいいのですが
単語の夢は、具体性に欠け
ただの夢になってしまいます
 
夢は、「誰が」「何を」「どのように」
 
A 「海外旅行」
B シルバーウイークに夫婦で
  JALのビジネスクラスで
  ヨーロッパに1週間の旅行に行く
 
自分が実際に経験したことを感じることができるような
ストーリーを夢に持たせてあげましょう
 
このほかにも
ポイントはいくつもありますが
 
まずは3つのポイントで
今の「夢ノート」の内容を確かめてみて下さい

6、植物の強さ

北海道はどんどん寒くなってきて
露天風呂に入っていたら
雪が降ってきました
 
静かに降る雪を眺めながらの温泉は
北海道ならではの贅沢だな
なんて考えていたのですが
 
ふと
気づいたことがあります
温泉の横には
小さな木が植えてあったのですが
雪が木の枝にうっすらと積もっていくのを見て
植物はなんて強いんだろうと
 
植物は人間と違って動き回ることができません
当然天候が悪いからと家の中に入ることなんて
考えることもできないでしょう
 
今日のような雪の日もあれば
小雨や台風のような大雨の日もあり
晴れても、真夏の直射日光に耐える日も
何日もあるでしょう
 
それを
ただ、ただ、受け入れる
 
「強さ」
「しなやかさ」
「たくましさ」
 
小さな木に積もる雪を見て
その木の一年間が走馬灯のように
体感してしまいました
 
人間が感じる
つらさなんて
植物の苦労に比べたら
何のことは無い
 
植物を見るたびに
強さをもらうことが
出来る様になってみてはいかがでしょうか

5、さっさと「あきらめる」

仕事をしていると
何度もいやなことがあったり
困難にぶち当たったりすることがあると思います
 
そのたびに
自分の不幸を呪ったり
恵まれた環境の人をうらやんだり
 
人生は、なんて不公平だって悔しくおもいませんか?
 
私もそうでした
 
ただ
その後の結果をみると
2つの選択肢があることに気づきました
 
1、愚痴を言い、周りに不幸を認めてもらって自分を慰める人
2、現状をそのまま認識して、出来ることをやるしかないと
  「あきらめる」ことが出来る人
 
あなたはどちらでしょう?
 
なんとなく、2番がいいと思いますが
さらに深い理由があります
 
それは、「あきらめる」という言葉には、
2つの漢字があるということです
 
【諦める】とても見込みがない、しかたがないと思い切る。
     断念する。
 
【明らめる】 事情・理由をはっきり見定める。
 
「あきらめて」、仕方がないと悩む思いを断ち切り。悩むのを止めて
「あきらめる」なぜそうなったか、出来ることはないか。現状を見定める
 
なんども起こる
自分がコントロールできないことに対して
さっさと「あきらめて」みましょう!!
 
 

7、今しか見ない

最近瞑想にはまっています!!
 
きっかけは、ストレスに耐えられなくなったから(笑)
 
周りからは
ストレスなさそうとか
うまくやっているみたいに言われることが
多いので
 
ストレスマネージメントは上手いほうなのですが
 
仕事でのストレスを
少なくするのに奮闘していたのですが
小さなストレスが日々たまっていて
とってもしんどくなってました
 
なんとかしたくて
 
お風呂に入ったり
ストレッチしたり
運動したり色々してみました
 
ただ
 
なんとなくしっくりしなくて
「マインドフルネス」の本を読んだり
いろんな方のアドバイスを聞いてるうちに
 
なんか瞑想がいいらしいと(笑)
 
実際続けてわかることは
 
瞑想はとてもシンプル
ポイントは3つしかなくて
 
1、正しい姿勢で
2、大きく息をすって
3、吸った時間の倍の時間で息を吐く
 
これだけなんです
 
そこで何をしているというと
 
ただただ呼吸に集中するということ
 
ストレスの原因は過去の失敗だったり
現在に対する不満
未来に対する不安
 
に大別されます
瞑想でわかることは
 
過去はもうない
未来はまだない
 
ただ一回の呼吸をするしか
人間は出来ないということです
 
よく
「足元を大切にする」とか
「目の前の仕事に集中する」とか
お説教のように聞いていましたが
 
瞑想をするようになって
今の呼吸に集中することによって
 
「足元だけを見て」
「目の前の仕事だけする」
 
これがストレスをコントロールする
すべての基本だと気づけます
 
最近は
youtubeで5分程度の瞑想動画がたくさんあって
「瞑想 寝る前」で検索するとすぐ見つけられます
寝る前、よこになったままでもできるので
一度覗いてみてはいかがでしょうか