4、ワクワクする計画は危険

12月に入って来年の事業計画を
選定しています
 
いろんな会社の
事業計画に携わってきて
 
目標設定するときに、
いくつかのパターンが
あることが分かりました
 
1、熱烈猛烈社長
 
根拠はいらない!
10年後の目標にむかってガンガン行こう!!
 
2、ネガティブ社長
 
部門、得意先、市場、商品のことを
考えるととても夢見る目標は立てれないよ…
 
3、石橋をたたいて渡る社長
 
顧客の数や、単価、リピート率
市場の状況に合わせた目標をたてないと
絵にかいたモチになる
確実に達成できる目標を立てよう
 
大きく分けると3パターンに分けれます
 
あなたはどのタイプでしたか?
 
実はどのタイプでも正解で
 
一つのタイプだけでは失敗します
 
なぜなら
 
1、夢だけタイプ
 
成功した大企業のサクセスストーリーに
よくあるタイプですが
根拠がないので
 
☆社長が燃えて
☆社員が冷める
 
典型パターンです
 
2、夢がないタイプ
 
最低賃金が上るのが、決まっていて
人口が減っている社会では
固定費の上昇があり、
粗利の縮小圧力が働くので
 
☆売上や粗利を高める活動が必須になります
 
そもそも
資本主義では
成長することが求められていて
現状維持が認められません
 
☆社長も暗いし
☆社員も暗くなります
 
3、着実に積み上げていくタイプ
 
☆大勝ちはしないが
☆負け幅も小さい
 
目標に対しての
意識が一番高いタイプになります
 
これだけみると
3番が良さそうですが
 
実は3つのタイプを組み合わせるのが
正解です
 
どうやって使い分けるかというと
 
1、経営者や役員クラスで長期の目標設定するとき
2、資金繰りや、借入など会計に関する目標を設定するとき
3、スタッフを交えての行動目標を含めて設定をするとき
 
自分がどの場面で目標をたてているか
どの考え方で目標をたてるべきか
考えながら作業してみましょう

3、新しいことをしない仕事術

12月になって
来年の計画を立てている時期になりました
 
新しい事業を立ち上げたり
今の仕事を改良したりしたいとき
 
なんか資格を取ったり、
勉強しなおしたりすることないですか?
 
でも
 
新しいこと始める前にやるべきことがあります
 
それは
 
「昔取り組んでいたのに
なんとなく忘れていることがないか
チェックする」
 
過去勉強したことで忘れてしまっていることがないか
確認することで
 
もうその課題に関して考えていたとか
解決策までわかっていたことに気づいたりします(笑)
 
 
「今日のワーク」
 
いままで取り組んできたことを再確認してみて下さい
 
 
今日の目的
 
□大幅に時間短縮をすることが出来たり
□コストをかけずに新しいことを完成出来たり
□成功率を高めることができます
 
ポイント
1、0から始めるほどリスクが高い!!
2、新しいことを始めると時間がかかる
3、すでに解決策を見つけていることを見つける
 
 
新しいことのチャレンジに取り組む前に
自分の財産の棚卸にチャレンジしましょう

2:コロナで仕事効率が2倍に

先日、忘年会が0回になった話をしましたが
 
もう一つよかったことに気づきました
 
何かというと
 
「飲み会は当日と次の日にも影響があるということ」
 
まず当日の時間的な制約が大きい
1次会で帰れる鉄の心をもったひとならいいのですが
私の場合お酒を飲んでしまうと楽しくなってしまうので
 
ついつい2次会、3次会と長く飲んでしまうタイプです
 
2時間の予定が4時間、6時間とどんどん楽しくなって
最後は記憶もなしてしまうことがたくさんありました汗汗
 
これが強制的に0になる!!
 
最近はZOOm飲み会も開催されてますが
自宅の場合家族の視線もあり
そんなに長くできないですよね
 
さらに
お酒をすこしたしなむひとなら問題ないのですが
飲むと次の日の午前中のパフォーマンスが極端に悪くなってしまいます
 
ひどいときは午後までお酒が残っているときも・・・
 
忘年会の回数と同じく
次の日のパフォーマンスが落ちると考えると
15回/月飲みにいくと
12月は1カ月まるまるパフォーマンスが落ちてる状態になっていました
 
通常じゃない
状態だからこそ
なんとなくしていたことで
生産性を落としていたことに
気づけるのではないでしょうか

1:コロナだからできる仕事術

こんにちは
川原です
 
コロナの影響で
12月の忘年会の予定が
まったくなくなりました(笑)
 
通常だと多い年で15回
少なくても10回ほど
忘年会があるのが当たり前でしたが
 
今年は見事に0回になりました!!
 
スケジュールを見ると…
 
定例の会議以外の予定がない
出張の予定もない
 
ということで
 
まるで新入社員のようなスケジュールを眺めながら
改めて感じることがありました
 
「なんでもできる!!」
 
確かにリアルでの面会や
移動など制約はありますが
 
能力もなく
人脈もなく
お金もなかった
新入社員のときと比べたら
 
☆人生で「最高の能力」をもっていて
☆SNSやインターネット、電話で繋がれる
 「人生最大の人脈」があり
☆不要な出費がないから、必要なものに投資ができる
☆しかも時間がある!!
 
こんなタイミングって
人生でそうそうないですよね
 
1月を最高の状態でスタートするための
最高の準備に月にしていきましょう

人柄がいい人を辞める

居酒屋のトイレで「あいだみつお」さんの一言みて

酔っぱらいながら、うなずいてたりすることありますよね

「人間だもの~」なんていいながら

今日も飲みすぎちゃう感じ(笑)

うちの会社のトイレにも

日めくりのカレンダーがおいてあって

(掃除の神さまの、「鍵山さん」のものです)

その一言にすごく大事なコメントが書いてあったので

ご紹介します

この日の一言は

「能力より人柄」

能力あるひとより、人柄がいいひとの方がいいみたいな

内容でした

普段ならそーだよねーって流してるとこですが

今日は違うアンテナにひっかかりました

自己啓発とか、いろんなセミナーに参加すると

人間性がよければ何とかなる!!みたいな

話になりがちですが

実際どうでしょう

ある程度ビジネスが軌道にのってきた人は

人間性を高める必要があるのですが

スタートアップの状態の人が

取り組まないといけないのは

「稼ぐ能力を最大にすること」

これにつきます

「稼ぐ」が「仕事を処理する」と読み替えても

いいですが

とにかく、仕事をガンガンするために

それ以外をすべて排除する!!

人柄なんて全く気にしないひとの方が

ビジネスうまくいってる感じです

たしかに名言は正しい!!

でも、ステージによって

害になることもあると思って

見てた方がいいですね

スタッフに期待することをやめる

昨日、最近知り合いになった

保険代理店の社長さんと

情報交換会という飲み会でした

お肉好きな社長さんのリクエストで

美味しいしゃぶしゃぶをいただきながら

最近の関心ごとなどを情報交換

お酒も入ってお互いの経営の悩み相談になると

一番の悩みは

「スタッフ教育がうまくいかないこと」

だと判明

その社長さんは社員さん思いなので

なんとか育ててあげたいという思いがビンビン伝わって

わたしより若くて熱い気持ちを感じて

ちょっと感動しました(笑)

ただ、私個人の経営を

ふりかえってみると

何人もスタッフを教育してきましたが

教育に費やす時間や労力と

成果は比例してないですね

何年も教育をしていて

なんども期待を裏切られて

学んだのは

「スタッフに期待しないのがベスト」

これは後ろ向きな考えではなくて

そうしないと

いくら力のある経営者でも

メンタルがやられてしまうということです

期待しないでいることで

逆に、なにかスタッフがうまくいったときに

心から「感謝」や「喜び」を感じることができます

期待しすぎると

成果が出てきても

「不満」に思ったり

「出来ていないこと」に目が行ってしまう

それならいっそ期待しない方が

メリットばっかりだったりします

ただ、このネタをみんなの前で言うと

・冷たい…
・人を道具のように思ってる…
・経営者はスタッフのことを思わないといけない…

とか、色々めんどくさいコメントが来ますので

スタッフには内緒で試してみて下さい(笑)


経営者に伝える「スタッフ教育のポイント」

スタッフの教育を望む気持ちはもっても、過度な期待はしない

たった30分で1日分の仕事をこなす方法とは?

30分を意識する

昼間ほどんど遊んでても、結果は出せる

経営者の方であればどこかで

「パレートの法則」について聞いたことがあると思います


・「にっぱち」

・「20:80」

・「数名で会社全体の売上があがる」

これはすべてパレードの法則による引用です


「パレードの法則」
全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論です。
簡単に言うと世の中にはばらつきや偏りという不均衡があるというものです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

あなたの努力の20%で、結果の80%を決まってしまうということ


「たった30分」が、あなたの一日の成果を決めるなら

今すぐ、「キーとなる30分」に集中しましょう

ブランドコンサルティング

経営者やコンサルタントの

ブランド構築もよく依頼されるので

皆さんの参考になるように

よく使ってる手順の一部をご紹介します

1、自分の履歴書を作成する

  就職してからはもちろん
  学校、部活、趣味、資格など
  すべて書き出す
  受賞実績などあれば忘れずに記載する

2、職務経歴書を作成する時系列の職務洗い出す

  就職志望理由や勤務内容
  関わった仕事に対する計画や行動、結果
  当時の問題に対する、改善対応をすべて文字化する
  転職、挫折、失敗があればその当時の気持ちや
  その時取った行動も記入する。

3、1・2のシートに記入もれはないかチェックする

  当時の手帳・仕事資料などを確認してチェックする

4、扱う商品とターゲット顧客に対して
  矛盾がないストーリーを構築する

社長業で忙しい日常に流されると

知らず知らずに同じことの繰り返しに

なっていることが多くなります

事業のターニングポイントに

見直してみると新たな発見がありますよ

100年企業はメニュー作りが違う

メニューとは、商品であったり事業そのものであったりしますが

普通の会社と100年企業では、商品・事業構成の考え方が根本的に違います

「普通の会社」

いまある商品を何とか、売り上げようとする

「100年企業」

ジョンソン・エンド・ジョンソンの経営戦略は

3年以内にマーケットシェアで3位以内に入らない商品・事業は黒字でも売却!

競争力のある商品・事業に戦力を集中して

トップシェアをとれる商品構成にしていく

言われてみれば当たり前(笑)

出来るのであればだれでもやってみたい!!

そんな風に思ってしまいますが

実際にやってみようとする会社と

やる前からあきらめてします会社の差が

継続年数の違いになってしまいます

あなたの会社のメニューはどうなっていますか?

一度見直してみてはいかがでしょう